長寿を目指す青森が抱える問題の本質

第34回ファイザー医学記事賞大賞受賞!

全国で最も平均寿命が短い青森県。長寿日本一の長野よりも毎年3千人多く亡くなっている。40~50代の死亡率は長野の約2倍。平均寿命延伸は青森県の長年の最重要課題だ。100歳を迎えた盲目の青森市の女性は言った。「明るく、ゆったりとした気持ちでいることが長寿の秘訣。家族や近所の人に囲まれることが最高の幸せ」と。連載を通して、心健やかに長生きする方法を考えたい。「福寿あおもり」を目指して。

本書は東奥日報紙上で連載連載された「あすを生きる 『福寿あおもり』目指して」の一部を再編集したものです。

飲酒・喫煙の代償

第34回ファイザー医学記事賞大賞受賞!

青森県の短命の最大の理由とされる大量飲酒と喫煙習慣。孤独感やストレスが大量飲酒や喫煙に向かわせ、心も体もボロボロにさせる。青森市の男性は、長年の飲酒習慣と喫煙で咽頭がんを発症。心の病も患い、60代で他界。家族の心に深い傷を残した。青森市の警察医は「孤独死の多くの現場では、大量飲酒の形跡がある」と指摘。たばこの害、アルコール依存の怖さを社会にもっと訴えるべきと語る。

本書は東奥日報紙上で連載連載された「あすを生きる 『福寿あおもり』目指して」の一部を再編集したものです。

東奥日報社『あすを生きる「福寿あおもり」目指して』より、連載内をテーマごとのパッケージにしたアイテム販売を始めました。

東奥日報社『あすを生きる「福寿あおもり」目指して』より、連載内をテーマごとのパッケージにしたアイテム販売を始めました。
地方新聞社では、ひとつの特集で1年以上取材・連載が続くこともあります。大きな問題に対し、さまざまなテーマから切り込んで深掘りし、特集は組まれていくのです。
ニューズブックではそのテーマごとに電子書籍を制作することで、整理されたコンテンツを提供します。

東奥日報社の『あすを生きる「福寿あおもり」目指して』は以下の6つのアイテムに分けて展開しています。
概論である「長寿を目指す青森が抱える問題の本質」
青森県内の取り組みを紹介する「日本一の短命県青森の現実」
他県の事例から学ぶ「沖縄・長野に学ぶ長寿の秘訣」
不健康な習慣を省みる「飲酒・喫煙の代償 」
食を通じて生きることを見つける「命を育む青森の食 」
病気や依存症を克服する「苦難の克服前向きに生きる人々」

この特集、そしてニューズブックのアイテムを気軽に手をとっていただくために1冊目の「長寿を目指す青森が抱える問題の本質」は無料としております。

また、この特集を通して読みたい方のために合本版も同時発売しました。
合本版には特別付録として、県知事をはじめとする青森の著名人にインタビューをした「提言~短命を乗り越える 青森の賢人からのメッセージ~」も掲載しています。

あすを生きる「福寿あおもり」目指して 合本版

第34回ファイザー医学記事賞大賞受賞!

なぜ青森は全国一の短命なのか。食、医療、文化などをテーマに県内外の現場を歩き、短命脱却の道を探った。短命の根底に意識の薄さや医療資源不足があることを浮き彫りにしたほか、健康は心の状態と深く関係していることを示した。地方紙記者による渾身のルポ。
合本版特別付録「提言~短命を乗り越える 青森の賢人からのメッセージ~」も収録。

本書は東奥日報紙上で連載連載された「あすを生きる 『福寿あおもり』目指して」を再編集したものです。

※『あすを生きる「福寿あおもり」目指して』シリーズの合本版です。

命を育む青森の食

第34回ファイザー医学記事賞大賞受賞!

自殺を考えるほど追い詰められた人が、絶望の淵から回復するまでの過程を取材した。50代で脳卒中を発症した男性は、必死の訓練によって希望を見いだし、町議会議員再選を果たした。ギャンブル依存で家庭崩壊の危機を経験した男性は、地道にコツコツ働く大切さを語った。義兄が自殺したことが心の傷となり、うつ状態になった女性は、人と対話することで心が軽くなった、と話した。薬物依存から回復した人たちは「周囲の支えがあったからこそ、今の自分がある」と口をそろえる。

本書は東奥日報紙上で連載連載された「あすを生きる 『福寿あおもり』目指して」の一部を再編集したものです。

苦難の克服前向きに生きる人々

第34回ファイザー医学記事賞大賞受賞!

全国で最も平均寿命が短い青森県。長寿日本一の長野よりも毎年3千人多く亡くなっている。40~50代の死亡率は長野の約2倍。平均寿命延伸は青森県の長年の最重要課題だ。100歳を迎えた盲目の青森市の女性は言った。「明るく、ゆったりとした気持ちでいることが長寿の秘訣。家族や近所の人に囲まれることが最高の幸せ」と。連載を通して、心健やかに長生きする方法を考えたい。「福寿あおもり」を目指して。

本書は東奥日報紙上で連載連載された「あすを生きる 『福寿あおもり』目指して」の一部を再編集したものです。

沖縄・長野に学ぶ長寿の秘訣

第34回ファイザー医学記事賞大賞受賞!

かつて長寿日本一を誇っていた沖縄県も食習慣の欧米化や大量飲酒習慣によって「比較的若い世代の死」が増えていた。危機感を募らせた地元大学、県などは、コミュニティーのつながりを活用し、健診受診を呼び掛ける運動を展開していた。長寿県復活に掛ける意気込みは強い。一方、長野県では、野菜を多く食べること、食塩を控えることなど、日本一の長寿を支える生活習慣が住民に根付いていた。畑仕事に精を出す高齢者の若々しい表情は、社会での役割や生きがいが、健康寿命を押し上げていることを教えてくれた。

本書は東奥日報紙上で連載連載された「あすを生きる 『福寿あおもり』目指して」の一部を再編集したものです。